文化・芸術

2013年8月26日 (月)

二人展。

_dsc4829高田焼宗家・上野窯の上野浩平さんと、その奥様であり画家としてご活躍の門田奈々さんのご夫婦による展示会が鶴屋8階美術ギャラリーにて開催中です。
何かとお世話になっているお二人。いつも県外での展示会が多いため、なかなか熊本で作品を拝見する機会がないのですが、まず会場の展示作品の多さに圧倒されました。どちらの作品も一つ一つが細かい作業で時間もかかるものばかりなのに、新作も数多く展示されており、よくこの短期間で・・・!と驚くことばっかり。
作品を見ればわかりますが、二人共ほんっとに手のかかる作品ばかりなんです。一つの作品を仕上げるまでにかかる時間・労力を想像したら気が遠くなります。
普段は優しいお二人ですが、作品となると決して妥協を許さない意気込みの垣間見える展示会でした。
ぜひたくさんの方に見ていただきたいです!
明日の夕方5時までの開催です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月31日 (水)

瀬戸内国際芸術祭2013

先週の金曜日から3日間、Graphes(2年前まで8年間お世話になってたスタジオ)の慰安旅行に便乗させてもらって「瀬戸内国際芸術祭2013」に行ってきました。
トリエンナーレなので3年に一回なんですが、前回も行ったんです。その時のブログはコチラ。いやー若いな。
前回は小豆島・男木島・女木島に行って高松に泊まったんですが、今回は岡山泊で犬島・豊島に行きました。なかでも取り分け素晴らしかったのが建築家・西沢立衛とアーティスト・内藤礼によってつくられた「豊島美術館・母型」。海と棚田と豊かな森に囲まれた丘につくられた作品で、この母型というドームの中では瀬戸内の風が通り抜け、光が射す穴から入った木々や鳥の声がドーム全体に共鳴し、湧き出た水滴が生きているかのように動くんですが・・・言葉で書くと意味不明ですね。

この素晴らしさは体験しないと絶対にわからないです。もう終始鳥肌です。
後から知ったんですが、この美術館周辺の棚田は美術館建設を機に地元住民が中心となって再生したらしいです。Teshima6 この棚田も素晴らしかった!!
あーまた行きたいな〜・・・。あの母型で雨の日や雪の日、夜真っ暗になった状態とかいろんな気候で体験したいな〜。

記者会見で内藤さんが「私はアートは自己表現だとは思っていないので自分をそこに表現するために空間と関わっていくのではなくて、空間というのは豊島の自然そのものと考えてもいいし、西沢さんの建築空間そのものと考えてもいいし、この豊島美術館という施設そのものの意味と考えてもいいのですが、目の前にある空間というものが何かの理由で、素晴らしいものが隠されるということがないように、隠れてしまうことがないように裸にしていくというのが私にとっての空間の考え方」とおっしゃっています。
だからあの空間は心地よいんだなー。
Teshima2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

天草陶磁器展2012

_dsc9329 今年ももうすぐ終わりますが、年末の大イベント「クリスマス」と「お正月」に向けて器を揃えてみてはいかがでしょう?
昨日から16日まで、グランメッセにて八つの窯元による天草陶磁器展がおこなわれています。今回お仕事でお世話になったのですが、どの窯元も目移りするぐらい良い作品ばかりです。私は散々迷ったあげく、年越しそば用にどんぶりを注文しました。年末に仕上げてくださるそうで(無理を言ってすみません・・・。)どんな盛りつけにしようか今から楽しみです!!
グランメッセの展示終了後はアクロス福岡でも開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

私のは終わりましたが。

_dsc4981 ちょっとお知らせ。
私の先輩カメラマン、下曽山弓子さんの写真展が開催中です。
神水教会の裏手にある閑静な住宅街の中にギャラリー楓はあります。
私が伺った時間帯は夕暮れ時で、静かなギャラリーに入る光がすごくキレイで下さんの写真と光と、そこでかかる静かな音楽が絶妙な空間をつくりだしていました。椅子に座っていつまでも写真を眺めていたくなる空間でした。下さんさすがだなぁ・・・。思わずカレンダー、つれて帰りました。日数は残り少ないですがお時間あられる方はぜひ。

下曽山弓子写真展
「日々のこと」
2012年11月10日(土)~11月25日(日)
Open11:00-Close18:00

@Gallery 楓[foo]
熊本市中央区神水1-14-23
電話/096.382.8320
月、火曜定休
作家、日曜日在廊予定

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

芸術

先日、初めて東北へ行きました。
岩手・青森・静岡の取材だったんですが、青森に泊まった翌日少し時間があったので駅の近くの青森市文化交流施設「ねぶたの家・ワ・ラッセ」へ寄りました。ここはねぶたの制作技術や歴史をはじめ、実際に祭りで使われたねぶたの作品も見る事ができます。ここに行くまでは正直あまり興味も湧かなかった私ですが、職人達によって細部まで丁寧につくられたねぶたの迫力ある姿を目の前にして鳥肌がたちました。骨組みの立体感が写真では伝わらないのが残念です・・・。
世界に誇れる伝統文化、このねぶたが街を練り歩く姿を実際に見てみたい!と強く思いました。_dsc8672_dsc8688_dsc8681_dsc8695_dsc8679_dsc8686_dsc8685_dsc8676_dsc8678

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

肥後の花の世界

門田奈々によるーナナトヒゴノハナー
2月の一ヶ月間、城南にある「ダイニングarakiギャラリー」にて展示会をされています。
お知らせいただいてたんですが、今日やっと見に行く事ができました!
今まで東京での展示会が多く、熊本ではなかなか見ることが出来なかった奈々さんの世界を堪能してきました。美しさの中にもどこか妖艶な雰囲気すら感じる女性達の姿に葦を止めて見入ってしまいました。
また会場になっているarakiも素敵な所です。
お昼時だったのでランチを食べて帰りました。市内からは少し遠いですが、ドライブがてらちょうどいい距離だと思います♪
2月28日までの開催です☆_dsc6733

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

「〜酔器(すいき)6人展〜」

城南にあるダイニングarakiにて、熊本在住・出身の作家さん6人による展示会が開催中です。
高田焼 宗家 上野窯の上野(あがの)さんよりお知らせいただき、早速行ってきました。
みなさん「酒器」をテーマに作品を出してらっしゃるんですがどれもステキな器ばかりで、これで焼酎飲んだら美味しそうだな〜・・・とか、日本酒でもいいな〜とか、おつまみのせてもいいな〜とか・・・(;´▽`A``想像(妄想?)が膨らみました。Img_9444Img_4255
「〜酔器(すいき)6人展〜」
上野 浩平 ・ 小川 洋一 ・ 五嶋 竜也 ・ 津金 日人詩 ・ 津金 日人夢 ・ 細川 護光(敬称略。)

●会期 平成23年 7/29(金)〜 8/28(日) 11:00 〜 17:00 毎週水曜日定休、8/16(火)休業日

●会場 「酒のあらき、ダイニングaraki(2Fギャラリース​ペース)」 〒861-4204 熊本県熊本市城南町下宮地431-1 TEL:0964-28-​6550

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

牛深ハイヤ

今年も開催された牛深ハイヤ祭り。
40周年ということもあり、四国の阿波や福岡の団体、色んな団体が参加してたみたいです。どの団体も東北の被災地を思い、みんな喪章や黒帯を付けて踊ってました。
_dsc0682_dsc0773 _dsc0823 _dsc0827 _dsc0853 _dsc0842 気付けば阿波踊りばっかり撮ってました。
初めて見ましたがかっこいい〜〜〜!!

牛深は祖父母の実家であり、山口家のお墓もあるんですが今年は祖父の体調が思わしくなく一緒に行く事が出来ませんでした。潮風のにおい、高く舞うトンビの鳴き声、数多くの漁船が浮かぶ真っ青な海を見るだけで元気になれそうなのに、連れて行けなかったのがとても残念でなりません。
牛深ハイヤ、何回見ても涙が出るほどいい祭りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

熊本の炎と土物語

先日、門田奈々さんの個展のお知らせをしましたが、今日はその旦那様である上野浩平さんの展示会のお知らせ。
私も今日見に行ってきたんですが、鶴屋東館3Fにて熊本の陶芸家7人の展示会が開催中です。
上野さん、東京での展示会が多いので熊本では久しぶりではないでしょうか?
やっと見に行けました( ̄ー ̄)ニヤリ_3114977 高田焼の緻密で繊細なうつわを間近でじっくり拝見することができます。
3月9日〜15日までの開催で〜す。
時間とれたらもっかい見に行きたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

写真の力

Scan128土曜日に比べ、昨日はよく晴れた一日でした。
長崎書店で開催された松浦弥太郎さんの講演会もすごく行きたかったんですが、ゆっくりと時間のとれる日にどうしてもどうしても行っておきたい写真展があってそっちに行く事にしました。
「古屋誠一 メモワール.展」
熊本市現代美術館にて9月から開催中です。
詳しいことは美術館のH.Pにも書いてあるので述べませんが、とにかくよかった。の一言です。ストレートに、痛いほど心に突き刺さりました。
写真ってほんとに魂を吸い取るのかな・・・そんな事を考えてしまいました。

11月28日(日)までの開催なのでまだ行かれてない方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧